06日 5月 2022
大阪・夢洲でIRを計画している大阪府、大阪市、大阪IR株式会社は、区域整備計画案が大阪府議会、大阪市議会で大阪維新の会、公明党の賛成多数で承認され、4月までに国へ申請する段階に漕ぎつけた。晴れて国からのGOサインが出れば、2023年の春に着工し、2029年秋以降の開業を目指す。
06日 4月 2022
「いらっしゃいませ」 どんな業種でも共通する接客あいさつである。 この意味は沢山あるお店の中から当店を選んでいただき、ようこそお越しくださいました、という感謝の意味と、私はここにいますのでご用命があったら何でもお申し付けください、という2つの意味がある、といわれている。

07日 3月 2022
この話はコロナ前であることをあらかじめ断っておく。 40年来のパチンコファンで、70代のおばあちゃんがこのほどパチンコから足を洗った。この15年ほどは、2日に1回のペースでパチンコ店に通っていた。 行く店は決まっていた。地域でも優良店と誰もが認める地域一番店。おばあちゃんのご主人は5年ほど前に他界したが、生前は夫婦揃ってパチンコ店へ通った。特に外食した後での、食後のパチンコが夫婦の楽しみでもあった。
07日 2月 2022
コロナ禍も3年目に突入。新年早々オミクロン株の猛威で状況は第6波に入った。感染力は強いがほとんどが無症状か軽症で、肺炎に至る重症者がほとんどいないのがオミクロン株の特徴だ。元厚労省医系技官の木村もりよ医師は現況を致死率などから勘案して「季節性のインフルエンザと同じようなもの。お骨も触れないのは1類のエボラ出血熱と同等の扱いで馬鹿げている。2類相当から5類に移せば、一般病棟で診察できるし、濃厚接触者でも仕事が続けられ、社会が正常になる」と持論を展開する。

06日 1月 2022
実業家の前澤友作氏が長年の夢だった宇宙旅行を遂に実現させた。ロシアからソユーズに乗り込み、国際宇宙ステーションに無事到着。12日間滞在して100のミッションに挑戦した。 その模様はYouTubeで配信されているが、前澤氏が宇宙から最初に伝えたかったことは、「夢は叶う」ということだった。
06日 12月 2021
市場規模が右肩下がりのパチンコ業界は、コロナ禍とは関係なしに、ホール企業はパチンコに次ぐ第二、第三の柱を求めて新規事業を模索していた。多いのが飲食業で、次にインバウンド需要に対応できる宿泊業に活路を求めたが、コロナ禍はそれらの業種に大打撃を与えることになる。

06日 11月 2021
旅館、ホテル業で抜群のリピート率を誇る星野リゾートは、同じサービス業として参考になる項目がいくつかある。で、星野社長が目指す旅館とは名物女将のいる存在感のある旅館である。女将を育てるには時間もかかるので、これを組織やチームで継続してできるようにした。
06日 10月 2021
パチンコ店を接種会場とした新型コロナワクチンの職域接種が9月13日、大阪市北区の「フリーダム」(平川順基社長)で行われた。パチンコ業界でも組合やホールが職域接種を行っているが、接種会場がパチンコ店内になるのは初めてのことだ。

06日 9月 2021
少し昔だが、サラリーマンから独立してホール経営を始めた社長の話である。 200台あまりのホールを家賃200万円の賃貸でスタートさせた。ぎりぎりの開業資金。外装を少し変えた程度だった。 隣接するホールは超優良店。それまでのホールに客は0の日も少なくなく、マイナスからのスタート。非常に危険な賭けだった。
06日 8月 2021
「誰も知らないトヨタ」(片山修著)を読んでいて非常に参考になる箇所を発見した。 失敗した原因を探るためにトヨタには「5回のなぜ?」がある。5回のなぜを繰り返すことで、本当の原因を探り出す姿勢で、トヨタでは問題を引き起こす本当の原因を「真因」と呼んでいる。 例えば、作業中のロボットが突然止まった。 現場担当者はなぜ止まったかを調べる。これが最初のなぜだ。

さらに表示する