1月 06日, 2020年
遊技人口の減少と共に、全国のホール軒数も減少の一途だが、「パチンコ業界は将来的には有望な業種になる」と話すのは経済アナリストだ。そのキーワードは「無人化」にある。 回転寿司チェーンが隆盛を極めた要因の一つに寿司ロボットの存在がある。今やロボット化は寿司めしを作るところから始まり、寿司玉はロボットが握り、人間はネタを上に載せるだけ。巻き寿司までロボットが作ってしまう。人件費の高い寿司職人が不要で、アルバイトでも寿司を作れるので安価で寿司を提供できる。 一方のパチンコ業界はどうか?
12月 06日, 2019年
「面白い」、「楽しい」、「カッコいい」は11月22日にグランドオープンした新生「渋谷パルコ」のテーマだ。建て替え工事で3年間休業していたが、生まれ変わったパルコはファッションに留まることなく「アート&カルチャ」「エンターテイメント」「フード」「テクノロジー」の5つのコンセプトで構成されている。この中には昆虫食を提供する店があったり、インバウンド客用に新宿2丁目のオカマバーがあったりと奇想天外な面もある。 「面白い」、「楽しい」、「カッコいい」は作業服のワークマンにも当て嵌まる。ワークマンが最近始めた新業態のワークマンプラスは、作業服で培ってき高品質・高機能のノウハウをアウトドア・スポーツ・レインウエア用に展開する新ブランドだ。ファッショナブルなデザイン性を取り入れ、アウトドアブランドの定価の1/3で開発されている。
11月 06日, 2019年
2017年6月1日、岐阜県高山市にオープンした「CAFE&PACHINKO EBIS」は、インバウンドパチンコとしての実験店舗だった。  格子戸の入口を入ると、まずお客さんを迎え入れるのはカフェスペースで、その奥が20台のパチンコスペースとなっている。無料体験できるパチンコ台が1台。機種構成はちょいパチと甘デジ。1パチのみで景品交換は一般景品のみ。換金はない。...